妊活中の食生活

妊活中におすすめの食生活

妊活中におすすめの食生活

妊活をしている時は今までの生活習慣を見直すということもポイントになってきます。当然ですが飲酒や喫煙は控えるべきでしょうし、食生活というものも一度見なおしてみる必要も出てきます。ただあまり難しいことを考えてストレスを負ったような生活にならないようにしなくていけません。基本はバランスが良い食事をとって十分な睡眠をとるということを心がけることです。悪玉コレステロールを減らしたり、美肌、免疫力の向上に効果がある不飽和脂肪酸を摂るように心がけましょう。ごま油やオリーブオイル紅花油、サバやイワシやブリなどに多く含まれている栄養素です。また、納豆や油揚げ、湯葉、きな粉にアーモンドやナッツなどの豆類、米や小麦に多く含まれている植物タンパク質を摂るようにも心がけましょう。ただし、摂り過ぎには注意が必要です、太ってしまいます。葉酸等のビタミンB群、亜鉛、鉄分が含まれている食事も摂るようにしましょう。レバーや緑黄色野菜、レバーや牛肉やあさりなどがオススメです。これらはいずれも妊活の人にはおすすめの成分が入っているものとなります

 

お腹の肉割れを消す方法


2016/03/18 20:12:18 |

個人差はありますが、出産は思ったよりも相当、女性の体力を奪っています。特に20代前半までに出産した人は産後の回復も早いでしょう。産後ダイエットを行う際の注意点ですが、最近は30代以上の出産も増えているのであまり無理は禁物です。30代での出産は、代謝が落ちてきている頃なので、産後の体重が戻りにくくなるのです。痩せたいからと言って若い頃にやっていたのと同じ無茶なダイエットはやらないようにしましょう。本来、母乳育児をしながら赤ちゃんの世話をやいたり家事をしていると自然に体重は落ちていきます。出産から卒乳までは引き続き、葉酸等の栄養を多めに摂取しながら和食中心の低カロリーメニューを腹八分目にとどめましょう。あまり意識しないでも1カ月で1〜2キロずつ痩せて行けば、卒乳の頃までには元の体重もしくはそれに近い体重になっているでしょう。何らかの理由で卒乳しても体重が戻っていない時には、産後ダイエットを開始しましょう。産後ダイエットを行う際の注意点ですが、栄養の偏るストイックなダイエットではなく、体を考えたダイエットにしましょう。特に妊娠中に食べ過ぎたなと感じる方は、有酸素運動を取り入れるのがお勧めです。毎日2時間程度歩くとグングン痩せると思います。カロリーセーブをしたい方は、1日1回だけ何らかの置き換えダイエットをするのがお勧めです。

 

脂肪線対策

2016/03/18 20:11:18 |

妊娠中の食事メニューで気をつけたいことは、栄養バランスをしっかり考えて摂ることです。妊娠したということは、自分だけの体ではないことをまず認識しないといけません。妊娠15〜16週頃になると胎盤が完成するので、赤ちゃんは栄養を吸収しようとします。そのため、妊娠中は、赤ちゃんの成長を意識した食事を心がけないといけません。妊娠中の食事メニューは、栄養バランスの見直しが大事です。赤ちゃんの栄養を考えて、バランスのよい食事を摂るようにしないといけません。まず1日3食を心がけ、必要な栄養素をきちんと摂ることです。1回の食事量が多くなると、食後の血糖値が高くなりすぎるので、1日3食を規則正しく食べるのを守りましょう。赤ちゃんが必要とするのは、主にブドウ糖になるので、ごはんは適量をしっかり摂らないといけません。主食をきちんと摂ることで、炭水化物やたんぱく質、ビタミンをしっかり摂ることができます。日本人の多くはカルシウム不足なので、小魚、大豆製品、野菜などで、積極的にカルシウムを摂ることです。そして、貧血の防止や赤ちゃんの新しい細胞の生成のために、葉酸が多く含まれている、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、レバーなどを食事メニューに取り入れましょう。

 

腹部のセルライト対策