妊娠中の食事メニューで気をつけたいこと

妊娠中の食事メニューで気をつけたいことは、栄養バランスをしっかり考えて摂ることです。妊娠したということは、自分だけの体ではないことをまず認識しないといけません。妊娠15〜16週頃になると胎盤が完成するので、赤ちゃんは栄養を吸収しようとします。そのため、妊娠中は、赤ちゃんの成長を意識した食事を心がけないといけません。妊娠中の食事メニューは、栄養バランスの見直しが大事です。赤ちゃんの栄養を考えて、バランスのよい食事を摂るようにしないといけません。まず1日3食を心がけ、必要な栄養素をきちんと摂ることです。1回の食事量が多くなると、食後の血糖値が高くなりすぎるので、1日3食を規則正しく食べるのを守りましょう。赤ちゃんが必要とするのは、主にブドウ糖になるので、ごはんは適量をしっかり摂らないといけません。主食をきちんと摂ることで、炭水化物やたんぱく質、ビタミンをしっかり摂ることができます。日本人の多くはカルシウム不足なので、小魚、大豆製品、野菜などで、積極的にカルシウムを摂ることです。そして、貧血の防止や赤ちゃんの新しい細胞の生成のために、葉酸が多く含まれている、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、レバーなどを食事メニューに取り入れましょう。

 

腹部のセルライト対策