産後ダイエットを行う際の注意点

個人差はありますが、出産は思ったよりも相当、女性の体力を奪っています。特に20代前半までに出産した人は産後の回復も早いでしょう。産後ダイエットを行う際の注意点ですが、最近は30代以上の出産も増えているのであまり無理は禁物です。30代での出産は、代謝が落ちてきている頃なので、産後の体重が戻りにくくなるのです。痩せたいからと言って若い頃にやっていたのと同じ無茶なダイエットはやらないようにしましょう。本来、母乳育児をしながら赤ちゃんの世話をやいたり家事をしていると自然に体重は落ちていきます。出産から卒乳までは引き続き、葉酸等の栄養を多めに摂取しながら和食中心の低カロリーメニューを腹八分目にとどめましょう。あまり意識しないでも1カ月で1〜2キロずつ痩せて行けば、卒乳の頃までには元の体重もしくはそれに近い体重になっているでしょう。何らかの理由で卒乳しても体重が戻っていない時には、産後ダイエットを開始しましょう。産後ダイエットを行う際の注意点ですが、栄養の偏るストイックなダイエットではなく、体を考えたダイエットにしましょう。特に妊娠中に食べ過ぎたなと感じる方は、有酸素運動を取り入れるのがお勧めです。毎日2時間程度歩くとグングン痩せると思います。カロリーセーブをしたい方は、1日1回だけ何らかの置き換えダイエットをするのがお勧めです。

 

脂肪線対策